約束16年目の真実の原作元ネタは漫画や韓国ドラマ?脚本家やあらすじを紹介

約束16年目の真実の原作元ネタは漫画や韓国ドラマ?脚本家やあらすじを紹介

2024年4月11日(木曜日)よる11時59分から日テレドラマ『約束16年目の真実』がスタートします。

中村アンさんとSUPER EIGHTの横山裕さんがバディを組む刑事モノでキャストも注目されています。

内容は、16年前に起きた事件の真相を探る心理サスペンスで「登場人物全員が容疑者」という考察が楽しめそうなドラマです。

この記事の内容
  • 『約束16年目の真実』の原作は漫画や小説、韓国ドラマ?
  • 脚本家は誰?
  • あらすじやキャストを紹介

この記事ではドラマの気になる情報をまとめて紹介します。

目次

約束16年目の真実の原作元ネタは漫画や韓国ドラマ?

ドラマ『約束16年目の真実』に原作となる作品はありません。完全オリジナルストーリーです。

近年は漫画を原作として実写化される作品が多いですよね。今年だけでもすでに40本以上の漫画がドラマ化予定であると発表されています。

ただ今作の「約束16年目の真実」に原作となる漫画や小説はありません。

ドラマのストーリーを見ると、女性刑事が16年前の過去の真相に立ち向かう心理サスペンスになっています。

女性刑事のサスペンスというと、韓国でも人気があるので「韓国ドラマのリメイク?」といった声もありました。

しかしドラマ『約束16年目の真実』はリメイクでもない「完全オリジナル」だと公式から発表されています。

登場人物全員が容疑者候補というサスペンスなので、考察要素も楽しみの一つかもしれません。

原作があるとネタバレが心配で他の人の考察を見るのをためらいますが、今作は原作がないので、SNSで色々な感想を見ながら最後まで楽しめそうですね。

スポンサーリンク

約束16年目の真実の脚本家は誰?

ドラマ『約束16年目の真実』の脚本家は、小峯裕之、本田隆朗、富安美尋の3人です。

それぞれのプロフィールと過去の代表作を紹介します。

脚本家①小峯裕之

小峯裕之さんは慶應義塾大学を卒業後、2008年に「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」優秀賞を受賞して脚本家になりました。

「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」は新人脚本家を発掘する賞で、『リーガルハイ』の古沢良太を輩出したことで有名です。

小峯裕之さんの主な脚本作品は以下の通り。

  • 家政婦のミタゾノ
  • 時効警察はじめました
  • 刑事7人シーズン7

小峯裕之さんの作風としては、コメディータッチな作品が多い印象です。今回の『約束16年目の真実』と同じようにサスペンスものも得意で伏線回収が上手い脚本家だと思います。

脚本家②本田隆朗

本田隆朗さんは1985年生まれで、2008年よりシナリオセンター東京校で脚本を学びました。

2011年に小峰さんと同じく「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」優秀賞を受賞。

2015年にメーテレのレンドラ『ミステリなふたり』でデビューしています。

主な脚本作品は以下の通り。

  • サイレントヴォイス
  • テッパチ
  • 勝利の方程式

ラブコメから推理ものまで幅広いジャンルを得意としています。

脚本家③富安美尋

富安美尋さんは2019年に『創作テレビドラマ大賞』で佳作を受賞して脚本家デビューを果たしました。

  • 着飾らない恋には理由があって
  • ブラックファミリア
  • 勝利の法廷式

まだ経歴が浅いですが、2023年には4本のドラマ脚本を手掛けるなど新進気鋭の脚本家です。

サスペンスが得意で構成がしっかりした作品を作る方という印象です。

スポンサーリンク

約束16年目の真実のあらすじやキャスト

約束16年目の真実のあらすじとキャストを紹介します。

あらすじ

ドラマ『約束16年目の真実』は主人公の女性刑事が自身の16年目の事件の真相に立ち向かう心理サスペンスです。

約束16年目の真実のあらすじ

主人公の桐生葵は東京郊外にある町・望野警察署捜査第一係の刑事。幼い頃に母を亡くし、父とふたり暮らしだった。

そんな葵は高校生だった16年前、とある事件に巻き込まれて記憶を失っている。

事件の被害者には葵が好意を寄せていた同級生の妹もいた。

そんな葵に追い打ちをかけるように犯人として逮捕されたのは、葵の父親だった。

犯人の娘となった葵は町を去ることになった。

あれから16年、父の無実を信じる葵は、事件の真相を探るために刑事となってふるさとに戻ってきたのだった。

葵が戻ってきたとたん、平穏を取り戻していた町で再び事件が発生する…。

過去の事件と現在の事件が思わぬ形で交錯し、真相が明らかになるサスペンスドラマです。

主人公を含めた登場人物全員が容疑者候補で、考察が盛り上がりそうなドラマですね。

キャスト

ドラマ『約束16年目の真実』のキャストは以下の通りです。

  • 中村アン
  • 横山裕
  • 細田善彦
  • 佐津川愛美
  • 森永悠希
  • 織田梨沙
  • 向里祐香
  • 岡部たかし
  • 杉本哲太

主人公の桐生葵を中村アンさん。バディとして共に事件を捜査しながら、葵を監視する香坂を横山裕さんが演じます。

中村アンさんと横山裕さんはこのドラマが初共演になります。

まとめ:約束16年目の真実の原作元ネタは?

ドラマ『約束16年目の真実』の原作元ネタや脚本家、あらすじやキャストを紹介しました。

約束16年目の真実に原作となる漫画や小説はありません。韓国ドラマのリメイクでもない完全オリジナルストーリーです。

3人の脚本家による共同作品で、心理サスペンスが描かれます。

は中村アンさんと横山裕さんが刑事としてバディを組み、16年前の事件の真相を探る物語です。

ドラマは4月11日木曜日から日テレにてスタートします。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトは、気になる疑問の答えをわかりやすく解説しています。
また生活する上で感じた悩みを解決するための方法も発信中です!
私の記事が1人でも多くの方の参考になれば幸いです。

目次