夏休み廃止はデマだが本当になる可能性あり!誰が決めた?なぜいつから?

夏休み廃止はいつからなぜ?理由や本当かデマか高校生も対象なの?

小中学生の夏休み廃止という驚きのニュースが拡散されていますが、「本当?」「デマ?」と気になる方も多いと思います。

夏休み廃止はいつからどこ(何県)の学校で、理由はなぜか調査してまとめました。高校生もなくなるのか気になるところです。

この記事の内容
  • 夏休み廃止は本当?デマ?
  • 夏休み廃止の理由はなぜか
  • 誰が決めた?岸田総理のコメントは?
  • いつからどこ(何県)の学校で高校生も対象?
  • 賛成反対の意見
目次

夏休み廃止はいつから?本当かデマか?

小中学校の夏休みが廃止されるというニュースが流れ、いつから夏休みが廃止されてしまうのか気になる方も多いと思います。

結論から言うと、夏休みの廃止が決定したという事実はありません。

岸田総理がそのような発言をしたわけではなく、日本政府が検討しているという事実はありません。

「安心してください。夏休みはなくなりません!」と言いたいところですが、

完全なるデマとは言えないのです。

というのも、とあるNPO法人のアンケートにより、「夏休みはなくてもいい」という回答が多く出たという結果がありました。

なぜ夏休みを廃止してほしいという意見があるのかその理由をまとめます。

スポンサーリンク

夏休み廃止の理由はなぜ?誰が決めた?

夏休み廃止という話が広まった理由は、2024年6月26日に厚生労働省で行われた認定NPO法人キッズドアによる会見がきかっけでした。

NPO法人とは、簡単に言えばお金もうけではなく社会をよくするために活動する団体のことです。

キッズドアは困窮子育て家庭へのアンケート結果と緊急提言を記者会見で行いました。

アンケート結果によると、小中学生のいる世帯の60%が子どもの夏休みについて「なくていい」「今より短いほうがいい」と回答したといいます。

なぜそのような回答が60%も出たのかその理由をみていきましょう。

理由はなぜ?

キッズドアのアンケートによると、夏休み廃止や短縮を求める理由としては経済的な問題が多くあるようです。

夏休み廃止を求める理由
  • 子どもが家にいると生活費がかかる
  • 給食がなくて必要な栄養がとれない
  • 子どもの昼食を準備する手間や時間がかかる
  • 子どもに特別な体験をさせる経済的な余裕がない

学校がない夏休みは、給食がでないため金銭的な余裕がない家庭にとってはかなり負担になってしまうのです。

具体的な声には次のようなものがありました。

電気代が高いのでエアコンをつけたくないけど、身体のために仕方なくつけている。

私は仕事があるので学童に預けているが満足するお弁当を作ってあげられない。

夏休みがあけると、友達は家族旅行の思い出話をしているのに、うちの子どもにはそのような体験をさせられない。

経済的な問題で、夏休みは大変な思いをしている家庭がたくさんあることがわかりました。

夏休み廃止を求めているわけではない

アンケートをとったキッズドアは「夏休み廃止」を求めているわけではありません。

キッズドアの提言には次のようなことが書かれていました。

  • 夏休みを迎える困窮子育て家庭に現金給付を
  • 困窮子育て家庭の体験格差を埋める支援を
  • 年収 300 万円未満の困窮子育て家庭へ緊急の支援を
  • 困窮子育て家庭にも賃上げを
参考:2024夏「困窮子育て家庭アンケートレポート」報告および緊急提言

夏休みを廃止すべきという話ではなく、困窮家庭でも夏休みを不都合なく過ごせるような支援が必要という提言でした。

しかしニュースでは「夏休み廃止」というところだけが大きく取り上げられているため、本当に夏休みがなくなるという噂が広まってしまったようです。

誰が決めた?岸田総理は?

夏休み廃止については岸田総理はコメントしていません。

一部で「岸田総理が夏休み廃止を提言した」というデマが流れて批判されていますが、事実ではありません。

現時点で夏休み廃止はデマと言えます。しかしそのような意見が出たことは事実です。

大変な思いをしている家庭の状況が改善されないとそのような声が大きくなり本当になくなる未来も否定できません。

スポンサーリンク

夏休み廃止はいつから何県で?高校生も対象?

現時点で、夏休みが廃止されるということはありません。いつから何県でなくなるという話も出ていませんでした。

高校生も対象?

アンケートでは小中学生の子どもを持つ家庭を対象にしたものでしたが、高校生の夏休みについて情報ありません。

夏休み廃止が決定されたという話は本当ではなくデマ情報でした。

しかし経済的な問題で「夏休みがなくなってほしい」と思っている家庭があるのは事実です。

今後の状況によっては、夏休み廃止や短縮なんてことが起こらないとはいえないのが子どもに小中学生、高校生にとっては怖いところです。

賛成反対の意見

夏休み廃止という話について、世間の声から賛成や反対の意見をまとめました。

夏休み廃止に賛成の意見

学校がないと1日中YouTubeやゲームをしてるから。

給食がなくなるのが大変。時間も手間もかかってしまう。

子どもが家にいると光熱費がかかる。今の学校はエアコンがあるから長期休みの必要がない。

共働きだから子どもが一人ぼっちになってしまう。事故や事件に巻き込まれるのも心配。

夏休み廃止に反対の意見

夏休みの思い出は大人になった今でも覚えている。それを奪うのは子どもかわいそう。

夏休みがなくなると親の負担が減るぶん、教員の負担が増える。ただでさえ大変なのにこれ以上仕事が増えると退職者が増えそう。

レジャー施設や旅行客が減って経済が回らない。今よりも景気が悪くなって日本全体にとってマイナス。

夏休みを廃止すると、家庭の問題だけではなく教員にとっての負担が大きいという意見もたくさんありました。

様々な意見があるため一概に賛成反対は言えませんが、子どもにとって夏休みは1年でも1番楽しみな時期かもしれません。

大人の都合で子供の夏休みを奪わないように、政府には大変な家庭への支援など必要な政策をとってほしいですね。

夏休み廃止はデマか本当か?誰が決めた?なぜいつから理由まとめ

夏休み廃止は本当かデマか、いつから何県で実施されるのか、理由はなぜかまとめました。

  • 夏休み廃止が決定は本当ではないデマ
  • NPO法人のアンケートで「夏休み廃止や短縮」を求める声があったのは本当
  • 決定していないので誰が決めたという話ではなく、岸田総理もコメントしていない
  • いつからどこ(何県)の小中学校で始まるかなど議論されていない
  • 高校生も対象になるかは議論されていない

夏休み廃止はNPO法人が経済的に厳しい子育て家庭にとったアンケート結果の一部が抜粋されたものです。

提言されたわけでも決まったわけでもないので安心してください。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトは、気になる疑問の答えをわかりやすく解説しています。
また生活する上で感じた悩みを解決するための方法も発信中です!
私の記事が1人でも多くの方の参考になれば幸いです。

目次