萩原利久は子役時代にオカレモンでめちゃイケ出演!画像やドラマを紹介

萩原利久は子役時代にオカレモンでめちゃイケ出演!画像やドラマ

多くのドラマや映画に出演する俳優の萩原利久さんは9歳のときに子役としてデビューしてから多くの作品に出演しています。

ドラマだけではなくバラエティでは『めちゃイケ』のオカレモンとしても活躍していました。この記事では子役時代の画像や当時のエピソードを紹介します。

この記事の内容
  • 萩原利久の子役時代の画像!オカレモンでめちゃイケに出演
  • 子役時代のドラマを紹介
  • 俳優になるきっかけは小島よしお
目次

萩原利久は子役時代にオカレモンでめちゃイケに出演

  • 萩原利久の子役時代の画像!オカレモンが可愛い
  • 週刊こどもニュースに出演

子役時代の画像!オカレモン

萩原利久さんは子役時代に『めちゃイケ』のオカレモンのメンバーとして登場していました。

※オカレモンとは、ナインティナインやよゐこなどがレギュラー出演していた、めちゃイケこと『めちゃ×2イケてるッ!』の人気コーナーです。

ナイナイの岡村さんがレモンの被り物をして登場する「オカレモン」。子役たちが「オカレモンJr.」となって登場することもありました。

萩原利久さんは2009年10歳のときにオカレモンの一員「リク」としてめちゃイケに出演していました。

2年間ほどオカレモンとして出演していましたが、萩原さんは他のメンバーに比べると大人しかったため、岡村さんからは「目立ってない子」と言われていました。

それでもオカレモンとしてめちゃイケに出演したことで、小学校ではかなり人気者になったそうです。

ただ中学生になるとオカレモンが恥ずかしくなってしまったと後に振り返っています。

オカレモンは白い全身タイツでレモンの被り物をするという個性的な衣装で「グイグイきております」という印象的なポーズもありました。

これが思春期には恥ずかしかったのかもしれませんね。

週刊こどもニュースに出演

萩原利久さんは2010年にNHKの『週刊こどもニュース』に出演しています。

1週刊に起こったニュースを子供たちにも分かりやすく伝えるというコンセプトのニュース番組です。

両親の3兄弟という設定で、萩原利久さんは次男のりく役で出演していました。

ちなみに「週刊こどもニュース」は初代の解説役を池上彰さんが務めていましたが、萩原利久さんが出演していたときは、NHK解説委員の岩本裕さんが担当していました。

番組は萩原さんが出演していた2010年12月を最後に終了しています。

スポンサーリンク

萩原利久の子役時代のドラマ出演作は?

  • 萩原利久はいつから活動してる?子役デビューは?
  • 子役時代の出演ドラマ
  • 俳優になったきっかけは小島よしお
  • 共演した菅田将暉に憧れる

いつから活動してる?

  • 名前:萩原利久(はぎわら・りく)
  • 生年月日:1999年2月28日
  • 年齢:[agebirth=”1999/02/28″]
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:178cm
  • 血液型:A型

イケメン俳優として多くのドラマに出演する俳優の萩原利久さん。

萩原さんは1999年生まれで現在0ですが、芸能界デビューしたのは9歳のときでした。

2008年小学3年生のときに、埼玉にある芸能事務所『NEWSエンターテインメント・スクール』に所属しました。

するとすぐに『LEGOブロック』のCMで子役デビューを果たしました。

※萩原利久さんのデビュー作となった、当時のCM映像を探しましたが残念ながらみつかりませんでした。

ここからは、萩原利久さんの子役時代の出演作を紹介します。

子役時代のドラマは?

萩原利久さんは子役時代から多くのドラマや映画に出演しています。

ドラマ
2008年:「モンスターペアレント」
2011年:「ハガネの女2」
2012年:「さよならゴースト」
2012年:「運命の人」
2013年:「幽かな彼女」
2014年:「金田一少年の事件簿N(neo)」
2015年:「恋仲」
2018年:「グッド・ドクター」
2019年:「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」
映画
2009年:「劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」
2014年:「水の声を聞く」
2016年:「ちはやふる 上の句 / 下の句」
2017年:「帝一の國」

2011年:ハガネの女2

萩原利久さんは2011年12歳のときにドラマ『ハガネの女2』に出演しました。

吉瀬美智子さん主演で、小学校を舞台にした学園ドラマシリーズの2作目です。

クラスのボス的存在の取り巻きの1人、生徒の秋山蓮を演じました。

2012年:運命の人

萩原利久さんは2012年、13歳のときにドラマ『運命の人』に出演しました。

第9話のみの出演でしたが、主演の松たか子さんと本木雅弘さんの子供・弓成純二の少年期を演じました。

萩原利久さんは『運命の人』で兄弟役を演じた菅田将暉さんとの出会いが俳優人生の転機になったそうです。

俳優になったきっかけは小島よしお

萩原利久さんが俳優を続けるきっかけは菅田将暉さんとの共演ですが、子役デビューのきっかけは小島よしおさんなんだとか。

一般的に子役デビューする人は親の意思によるものが多い印象がありますが、萩原利久さんは自分の意思で子役を志したそうです。

大好きな小島よしおさんに会って友達に自慢したい

と当時「そんなの関係ねぇ」で大人気だったお笑い芸人の小島よしおさんに会って自慢したい!という軽い気持ちだったとインタビューで振り返っています。

会いたいと思っていた小島よしおさんに子役時代に会うことはできませんでした

しかし2023年9月4日からフジテレビで不定期レギュラーとして放送されている『萩原利久のwkwkはぎわランド』で、ついに小島よしおさんと共演を果たしました。

この番組は、萩原利久さんが「はぎわランド」の園長として登場するバラエティ番組で、小島よしおさんがランドマネージャーとして出演しています。

小学生の頃の自分に言ったら、ぶっ倒れるような出来事です」と萩原利久さんは感無量の様子でした。

共演した菅田将暉に憧れる

萩原利久さんは小学生の頃は、同世代の子役たちと共演することが多かったこともあり、お芝居をするという意志がなく、習い事のような感覚だったといいます。

しかし『運命の人』への出演が役者としての転機になったと後に振り返っています。

菅田将暉の演技に感動

『運命の人』は今までの現場と違って、大人の俳優ばかりだったため、緊張していたそう。

そんな萩原利久さんに優しく声をかけてくれたのが、兄弟役を演じた菅田将暉さんでした。

菅田将暉さんの演技を見た萩原利久さんは「これがお芝居なんだ」と感動したそう。

当時はこのまま役者を続けるか迷っていた時期でしたが、本気で役者としてお芝居がしたいと俳優業に取り組むようになるきっかけとなりました。

3年A組で共演

萩原利久さんは、2013年から菅田将暉さんと同じ事務所「トップコート」に所属しています。

その後、萩原利久さんと菅田さんは映画『あゝ、荒野』『帝一の國』やドラマ『3年A組』共演しています。

スポンサーリンク

萩原利久の子役時代の画像!オカレモンやドラマ出演作まとめ

萩原利久さんの子役時代の画像やドラマを紹介しました。

萩原利久さんは子役時代に『めちゃイケ』のオカレモンとして活躍していました。番組では目立たない子と言われていましたが、クラスの人気者になったそうです。

ハガネの女や運命の人など話題のドラマに出演していました。『運命の人』で共演した菅田将暉さんの影響を受け、同じ事務所に所属すると『3年A組』などでたびたび共演しています。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトは、気になる疑問の答えをわかりやすく解説しています。
また生活する上で感じた悩みを解決するための方法も発信中です!
私の記事が1人でも多くの方の参考になれば幸いです。

目次