アヤ・ナカムラは日本人ハーフではない!両親や国籍・本名や何者経歴

アヤ・ナカムラは何者?日本人ハーフではない!両親や国籍・本名や経歴

2024年夏のオリンピックがフランスのパリで開催されます。

日本人選手の活躍が期待されるパリオリンピックの開会式で「アヤ・ナカムラ」という歌手が歌う予定だといいます。

名前を聞くと「親が日本人のハーフ?」という印象を受けますが、実は日本にルーツはありません。

いったいアヤ・ナカムラは何者なのか本名や経歴などwikiプロフィールを紹介します。

目次

アヤ・ナカムラは日本人ハーフではない!国籍や本名は?

パリオリンピックの開会式で歌唱が予定されている歌手のアヤ・ナカムラさん。

日系人のような印象を受ける名前ですが、実は日本にはルーツがありません。

ハーフではない!本名や出身は?

アヤ・ナカムラさんの本名はアヤ・ダニオコー(Aya Danioko)です。

出身は西アフリカの「マリ共和国」で現在はフランスのパリに在住しています。マリとフランス2つの国籍を持っています。

年齢は1995年生まれの29歳。wikiプロフィールは次の通りです。

  • 名前:アヤ・ナカムラ
  • 本名:アヤ・ダニオコー(Aya Danioko)
  • 生年月日:1995年5月10日
  • 29歳
  • 出身地:マリ共和国のバコマ
  • 職業:アフロ・トラップ歌手

両親や親族に日本人はおらずハーフではありません。

名前の由来

アヤ・ナカムラさんは日本ハーフではなく、日本人と血縁はありません。なぜ日本風の「アヤ・ナカムラ」という名前なのか由来を紹介します。

アヤは本名でアラビア語などに由来しています。

ナカムラという名前はアメリカのテレビドラマ「Heroes」の登場人物「ヒロ・ナカムラ」からとられています。

「Heroes」は超能力者たちが悪と戦う物語でのちに映画化もされました。

その中に出てくるキャラクターに「ヒロ・ナカムラ」という日本人がいます。演じる俳優も「マシ・オカ」さんというアメリカで活動している日本人俳優です。

アヤ・ナカムラさんはこのドラマが大好きで、日本人キャラからアーティスト名をとったそうです。

日本にルーツがないアヤ・ナカムラさんですが、日本のポップカルチャーなどには興味があるようです。

自身のミュージックビデオやアルバムジャケットにカタカナや日本のテイストを取り入れることもあります。

スポンサーリンク

アヤ・ナカムラは何者?生い立ちや経歴

  • アヤ・ナカムラの両親や生い立ちは?
  • 経歴!代表曲は「Djadja(ジャジャ)」

両親や生い立ちは?

アヤ・ナカムラさんは1995年5月10日にマリ共和国のバマコで生まれました​。幼少期にフランス北部のオルネー・スー・ボワに移住しています。

5人兄弟の長女として音楽一家で育ちました。母親はグリオという西アフリカの伝統的な詩人・歌手でした。

そのためアヤ・ナカムラさんも子供のころから音楽に触れて育っています。

経歴や代表曲

アヤ・ナカムラさんはアフロ・トラップ歌手として人気があります。

アフロ・トラップという音楽ジャンルは、フランスのヒップホップカルチャーで生まれた、比較的新しいジャンルです。

アフリカのビートとラップをあわせたような曲調と説明されることがあります。

アヤ・ナカムラの音楽はアフリカンサウンドとフランス語のリズムが融合したものであり、国境を超えた様々な文化が反映されて世界中のファンを魅了しています。

歌手としてデビューしたのは2014年19歳のときです。Facebookで初のシングル「Karma」リリース。

プロデューサーのSeyseyと共に制作した「J’ai mal」という失恋ソングも注目を集めました。

アヤ・ナカムラの代表曲は「Djadja(ジャジャ)」です。

2018年4月にリリースされたこの曲はフランスだけでなく世界的に大ヒットしており、ミュージックビデオは9.6億回再生という大ヒット!

2021年にはアップルミュージックAwardsでフランスのアーティスト・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。

スポンサーリンク

アヤ・ナカムラは何者?日本人ハーフ?まとめ

フランスのパリオリンピック開会式で歌唱が予定されているアヤ・ナカムラさんについてまとめました。

  • アヤ・ナカムラは日本人ハーフではない
  • 出身はマリ共和国でフランスと二重国籍
  • 父親や母親の詳細は不明だが音楽一家で生まれた
  • ジャジャが世界的に大ヒットしている
この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトは、気になる疑問の答えをわかりやすく解説しています。
また生活する上で感じた悩みを解決するための方法も発信中です!
私の記事が1人でも多くの方の参考になれば幸いです。

目次